«ラウンド 2: 菅谷 裕信(千葉) vs Eric F.. 最新 1st Draft: 増野 良輔»

LMC Draft Meister 2009


ラウンド 2: 今村 宏隆(千葉) vs 卜澤 太二(群馬)

Written by Yusuke Isayama

さて、普通なら勝者同士のマッチアップをフィーチャーするのだが、今回は趣向を凝らして、負けたもの同士、後がないもの同士のマッチアップを取り上げてみたいと思う。

LMC では対クリーチャーのコントロールを使っている今村のデッキは、赤緑で《板金鎧の土百足》が 5 枚搭載されているという、実におもしろいデッキである。

構築戦で同じカードは 4 枚までしか入れられないが、リミテッドでは枚数制限がないため、このような事態が起こりうる。リミテッドのデッキ枚数は 40 枚であるため、確率的にはほとんどの初手で《板金鎧の土百足》がいると思われる。2 ターン目の挙動に注目してみたいところである。

対するト澤のデッキも同じく赤緑だが、こちらはタッチ青のようだ。デッキに関する情報としては、NEW 《燎原の火》こと《溶岩の玉の罠》という爆弾が積まれている。8 マナまで到達できれば圧倒的なアドバンテージをたたき出してくれるだろう

今村の上陸が勝つか、ト澤の爆弾が炸裂するか。

Game 1

今村 宏隆
今村 宏隆

お互い同系らしく《山》を置き、ト澤は《猛火の松明》《開拓地の先達》を、今村は《板金鎧の土百足》をそれぞれプレイして始まった。

先にダメージを与えたのは今村で、上陸で大きくなった《板金鎧の土百足》でト澤のライフを削る。

ト澤も負けずに《信頼おける山刀》を装備、今村と同じ 3 点のダメージをたたき出し、《放牧の林鹿》で 2 点のライフを得る。

《猛火の松明》《刃牙の猪》を除去された今村が、お返しに《マグマの裂け目》《放牧の林鹿》を除去すれば、ト澤はさらに《業火の罠》で今村の 2 体目の《板金鎧の土百足》を除去、という除去合戦が繰り広げられた。

戦場に決定力がない今村は《高地の狂戦士》を送り込むが、ト澤の場に《タクタクの唸り屋》が登場し、同盟者効果でサイズが大きくなってしまう。

殴り合いが続く状況で、今村は《ぐらつく峰》をセットランド。上陸と合わせてト澤のライフを 2 まで落とし込む。

が、返しにト澤は 2 体目となる《タクタクの唸り屋》をプレイ、今村目がけて全軍突撃をかけると、今村から投了の意志が告げらるのだった。

今村 0-1 ト澤


Game 2

卜澤 太二
卜澤 太二

先攻のセットランドでさんざん悩んだ今村は、《ぐらつく峰》でスタートを決意し、2 ターン目には《オラン=リーフの生き残り》をプレイ、さらに《高地の狂戦士》、と盤面を有利に運ぶ。

守りに回されたト澤は、《リバー・ボア》で壁を作りつつ《高地の狂戦士》で攻撃を始める。

今村は《ゴブリンの近道抜け》で、いったん《リバー・ボア》の壁をすり抜け、さらなるクロックとして《板金鎧の土百足》をプレイする。

4 枚目の土地をおけなかったト澤だが、《地盤の揺らぎ》で今村のクリーチャーを 3 体墓地に送り込む

しかし、土地を置けなかったためにタップアウトしてしまい、今村の《罰する火》《リバー・ボア》を失うことになる

これで壁を失ったト澤は、そのまま今村の攻勢に呑まれることになったのだった。

今村 1-1 ト澤


Game 3

「だめぇ」の一言とともマリガンする今村は、さらに厳しい顔をしてダブルマリガンを宣言した。構築戦以上に手札の枚数が重要になってくるリミテッドで、手痛いスタートとなった。

両者 2 ターン目に《高地の狂戦士》をプレイし、攻撃とブロックを合わせて仲良く墓地に送られる。

ここからマリガンによる手札の差が如実に表れ始める。

3 ターン目に何もできなかった今村に対し、ト澤は《砕土》をプレイ、4 ターン目には《タクタクの唸り屋》で攻撃、さらに《ジョラーガの吟遊詩人》《タクタクの唸り屋》をサイズアップして今村を責め立てる。

このままでは押しつぶされる今村は《オラン=リーフの生き残り》をブロッカーとして準備し、《タジュールの射手》で、さらにサイズアップしたト澤の《タクタクの唸り屋》《殺戮の叫び》で一方的に討ち取ることに成功する。

さらに今村は《松明投げ》《タジュールの射手》を除去し、手札の差を感じさせながらも、少しずつ攻めに転じ始める。

ト澤は《ジョラーガの吟遊詩人》《信頼おける山刀》を装備させ、今村の攻撃を思いとどまらせようと画策するが、今村はこの《信頼おける山刀》《カビのシャンブラー》で破壊し、3 体のクリーチャーでト澤に襲いかかる。

ダブルマリガンをしたのが嘘かの様に巻き返している今村。このままひっくり返してしまうのか?

というワクワクした筆者の期待は、次の瞬間打ち砕かれた。

Lavaball Trap

ト澤、虎の子の《溶岩の玉の罠》をプレイ。

これにより盤面をキレイにしたト澤は、《タクタクの唸り屋》《開拓者の望遠鏡》を装備して再度攻めに入り、《リバー・ボア》《放牧の林鹿》と並べて守りも盤石とする。

この盤面をひっくり返せるカードを引くまで生き延びるべく、今村は必死に延命に走る…。

と思われたのだが、それはあくまでデッキに逆転カードが入っていればの話。そういったカードが入っていなかった今村は、そのまま押し切られた。

今村 1-2 ト澤

Tags: Report

編集