«ラウンド 3: 實川 直史(千葉) vs 有田 隆一(.. 最新 ラウンド 4: 原田 貴仁(千葉) vs 山岸 憲和(..»

LMC Draft Meister 2009


ラウンド 3: 鈴木 悠司(千葉) vs 白井 大河(千葉)

Written by Taiki Hattori

Game 1

先手白井は迷うことなく 7 枚の手札をキープする一方、後手鈴木はダブルマリガン。で、しかたなく始めたのか、2 ターン目には、ドローゴー。鈴木の土地が止まってしまう。

動けずにいる鈴木に対し、白井は《溶鉄の荒廃者》《変わり樹のバジリスク》とクロックを追加。

鈴木もなんとか 4 マナまで土地を伸ばし、《ニマーナの売剣》を召喚するも《巨身化》のつけられた《溶鉄の荒廃者》は止められなかった。

鈴木 0-1 白井


Game 2

両者マリガンなくスタート。

《高地の狂戦士》《巨大蠍》と鈴木は軽快にクリーチャーを展開する。対して白井は《輝刃の探索》のみと、ノーガード状態。鈴木は《ニマーナの売剣》を追加し、クロックを増強する。

返しに白井は《ゴブリンの廃墟飛ばし》をプレイ。鈴木の《アクームの隠れ家》を破壊する。

鈴木 「うわ、刺さった」

追加の土地が引き込めず、土地が 3 枚でストップ。ブロッカーとして立っている《ゴブリンの廃墟飛ばし》《見栄え損ない》し、総攻撃。戦力では勝っているものの、不安が残るボードである。

白井もマナ差のある今がチャンス。《噴火滑り》を戦場に送り込む。

鈴木は土地が引き込めず、《血の求道者》を送り込む。

対する白井の残りはライフ 8。《血の求道者》によるライフルーズをものともせず、《噴火滑り》を上陸にて飛ばしながら、《領地のベイロス》《ベイロスの林壊し》と展開。

鈴木はなんとか 4 枚目の土地を引き込み、追加の《ニマーナの売剣》を 2 体場に出す。既に戦場にいる《ニマーナの売剣》も増強され、白井も《噴火滑り》を飛ばさなければクロックを刻めない状態である。

白井、残りライフ 6。《血の求道者》に首を絞められる中《髑髏砕きの巨人》《巨森を喰らうもの》、二体目の《ベイロスの林壊し》をさらに召喚。この段階で、白井のライフは 3。対して、鈴木はライフ 9。

あいかわらず土地が引けない鈴木に対し、白井はしっかり土地を引き込み、《噴火滑り》《ベイロスの林壊し》二体でアタック。8/8 トランプル二体を《巨大蠍》《血の求道者》、二体の《ニマーナの売剣》でブロックし、残りライフ 1。

鈴木、静かにドロー。セットランドから、《ハグラの悪魔信者》。戦場には《高地の狂戦士》《ニマーナの売剣》

白井の残り 3 点のライフをすべてを奪い取った。

鈴木 1-1 白井


Game 3

両者山の置き合い、3 ターン目、白井は《溶鉄の荒廃者》。対して鈴木は山を置くのみ。白井の《溶鉄の荒廃者》が戦場を駆け抜ける。

《溶鉄の荒廃者》が 4 点クロックを刻む中、鈴木はディスカード《恐血鬼》のみ。《溶鉄の荒廃者》により鈴木のライフも残り 5 に。

鈴木は 5 枚目の土地を置くと、《タクタクの唸り屋》を召喚。

白井も負けずと《領地のベイロス》。鈴木、もう一体《タクタクの唸り屋》。白井、《リバー・ボア》。鈴木、さらに《タクタクの唸り屋》。どんどん膨らむ《タクタクの唸り屋》を見て、白井の表情が凍り付く。

続くターン、鈴木は《リバー・ボア》《見栄え損ない》で退場させると《ハグラの悪魔信者》を召喚し、3 体の《タクタクの唸り屋》をレッドゾーンへと送り込んだ。

鈴木 2-1 白井

Tags: Report

編集