«ラウンド 3: 鈴木 悠司(千葉) vs 白井 大河(.. 最新 ラウンド 4: 門田 真一(千葉) vs 田村 陽平(千..»

LMC Draft Meister 2009


ラウンド 4: 原田 貴仁(千葉) vs 山岸 憲和(千葉)

Written by Daisuke Kawasaki

予選ラウンドの折り返し地点となる第 2 ドラフトが終了し、残すところ 3 試合で決勝進出者が決定してしまう。

このラウンドでは、今現在もっとも決勝に近い対戦である全勝対決のうち、原田 貴仁と山岸 憲和の対戦をお届けしよう。

速攻気味の赤黒を構築した原田に対して、リミテッド王道カラーのひとつといっていい黒緑を構築した山岸。

果たして、原田のテンポが勝るか、それとも、原田のサイズが勝るか。

注目したい。

Game 1

山岸 憲和
山岸 憲和

先手の山岸がマリガンでのスタート。

原田が 1 ターン目に《冒険者の装具》をキャストすると、山岸は 2 タ ーン目に《ニッサに選ばれし者》と序盤の優位を与えない。

だが、ここで原田が戦場に送り込んできたのが《サラカーの匪賊》《冒険者の装具》とあわせて、上陸による攻撃エンジンが固まってしまった。

膠着に持ち込むことは難しい山岸は《ニッサに選ばれし者》でアタック。対して、原田は、《サラカーの匪賊》《冒険者の装具》を装備させた上で、《山》をセット、見事に 4 点のダメージを与える。そして、《血の求道者》を追加する。タイトなダメージレースが予想される展開だけに、この能力は影響が大きそうだ。

山岸は《砕土》でマナを伸ばすのだが、続く 4 ターン目に土地をおけず、《血の求道者》をキャスト仕返すのみでターンを返す。この《血の求道者》《見栄え損ない》で除去されてしまうと、山岸は再び上陸を果たした《サラカーの匪賊》のダメージをモロに食らうことになった。

原田は後続に《高地の狂戦士》をキャスト。山岸は《オラン=リーフの出家蜘蛛》をキッカー無しで戦場に送り込むが、結局黒いブロッカーを用意することができなかったのだった。

原田 1-0 山岸


Game 2

原田 貴仁
原田 貴仁

再びマリガンでのスタートとなった先手の山岸。

山岸は《魂の階段の探検》、原田は《吸血鬼の裂断者》と互いに 1 ターン目から行動するが、序盤戦では原田の《吸血鬼の裂断者》の方が働きがいい。

この優位を保つべく、原田はさらに《高地の狂戦士》を戦場に追加、テンポで攻め立てる。

だが、この 2 体が山岸の《ニッサに選ばれし者》でピタリと止まってしまう。これを乗り越えるべく、原田は《グール・ドラズの吸血鬼》を戦場に出し、《ゴブリンの戦化粧》をエンチャントしようとするが、これにスタックして山岸は《見栄え損ない》

逆に山岸が《野蛮な影法師》《ニッサに選ばれし者》にエンチャントしてアタック、一気にダメージレースへと持ち込む。こうなると、原田の《吸血鬼の裂断者》のダメージが少々厳しい。

原田は山岸のライフを 10 以下にしなければならない以上、2 体で攻撃し、さらに威嚇持ちの 3/2 である《刃牙の猪》を戦場に加える。

土地が止まり、後続を用意できない山岸は、ここで攻め手が止まってしまう。仕方なく《ニッサに選ばれし者》でのアタックを休止し、ブロッカーにまわす。

《刃牙の猪》のみが淡々とクロックを刻み、いつしか山岸のライフは 10 を切り、原田は安全圏へ。そして原田が 2 枚目《刃牙の猪》を盤面に追加するまで、山岸は 5 枚目の土地へと巡り会うことはなかったのだった。

原田 2-0 山岸

Tags: Report

編集