«ラウンド 4: 門田 真一(千葉) vs 田村 陽平(千.. 最新 2nd Draft: 鈴木 大輝»

LMC Draft Meister 2009


2nd Draft: 門田 真一

Written by Yusuke Isayama

1st Pack

1 《ベイロスの林壊し》

2 《天空のアジサシ》

3 《変わり樹のバジリスク》

4 《石造りのピューマ》

5 《タジュールの射手》

6 《大木口の幼生》

7 《飛翔する海崖》

8 《取り消し》

9 《取り消し》

10 《嵐のフクロウ》

11 《無気力の罠》

12 《呪文貫き》

13 《貪欲な罠》

14 《冒涜された地》

これと言って大きく目を引くカードは今のところない。2 パック目に注目だろうか。

2nd Pack

1 《オラン=リーフの生き残り》

2 《海門の伝承師》

3 《獣使いの昇天》

4 《放牧の林鹿》

5 《天空のアジサシ》

6 《鞭打ちの罠》

7 《カビのシャンブラー》

8 《石造りのピューマ》

9 《カビのシャンブラー》

10 《カルニの心臓の探検》

11 《探検の地図》

12 《鎌虎》

13 《ニッサに選ばれし者》

14 《無謀な識者》

条件達成が若干難だが、《獣使いの昇天》は実に優秀なカードである。

また、2 マナパワー 2 の《天空のアジサシ》の 2 枚目が取れており、《海門の伝承師》は同盟者が他に 1 枚でもいれば十二分な能力を発揮するそのほか《鞭打ちの罠》《カビのシャンブラー》など美味しいところがピックできている印象がある。

3rd Draft

1 《獣使いの昇天》

2 《カルニの宝石》

3 《原初の怒声》

4 《海景の曲芸士》

5 《ジョラーガの吟遊詩人》

6 《流水の長魚》

7 《霊気の想像体》

8 《大木口の幼生》

9 《ニッサに選ばれし者》

10 《ニッサに選ばれし者》

11 《ジョラーガの吟遊詩人》

12 《獣狩り》

13 《古き秘密の探索》

14 《聖なる秘宝の探索》

まさかの《獣使いの昇天》2 枚目を獲得。

デッキとして必要なカードが取れているため、3-2 ではクリーチャーよりも事故りにくい《カルニの宝石》を優先したと門田は言う。

このドラフトから、門田が組んだデッキは次の通り。

2nd Draft - Kadota Shinichi / LMC Draft Meister 2009
 2  石造りのピューマ/Stonework Puma
 1  霊気の想像体/AEther Figment
 1  無謀な識者/Reckless Scholar
 1  海門の伝承師/Sea Gate Loremaster
 1  海景の曲芸士/Seascape Aerialist
 2  天空のアジサシ/Welkin Tern
 1  流水の長魚/Slipstream Eel
 1  ベイロスの林壊し/Baloth Woodcrasher
 1  放牧の林鹿/Grazing Gladehart
 2  ニッサに選ばれし者/Nissa's Chosen
 1  オラン=リーフの生き残り/Oran-Rief Survivalist
 1  タジュールの射手/Tajuru Archer
 2  大木口の幼生/Timbermaw Larva
 1  変わり樹のバジリスク/Turntimber Basilisk

18 Creatures 1 カルニの宝石/Khalni Gem 2 獣使いの昇天/Beastmaster Ascension 1 カルニの心臓の探検/Khalni Heart Expedition 1 鞭打ちの罠/Whiplash Trap
5 Spells 10 森/Forest 6 島/Island 1 飛翔する希望/Soaring Hope
17 Land 40 Total Cards

0 Sideboard Cards

本人曰く《獣使いの昇天》で全体強化して数で押し切ることをコンセプトに組んだ、とのこと。

飛行クリーチャーが多いこのデッキであれば《獣使いの昇天》のカウンターを乗せきることも可能だろう。青緑という色の組み合わせでは止まりにくい畏怖も、2 枚の《石造りのピューマ》がいればある程度緩和できるだろう。

本人評価は 75 点。不満点としてはスペルが思うように取れなかったことをあげている。

果たして、門田は決勝ラウンド進出をかなえることができるだろうか?

門田の 4 回戦に期待したい。

Tags: Feature

編集