«Final Draft: 門田 真一 最新 準々決勝: 林 隆智(東京) vs 大塚 潤基(栃木)»

LMC Draft Meister 2009


準々決勝: 原田 貴仁(千葉) vs 谷脇 真郷(千葉)

Written by Daisuke Kawasaki

谷脇 「よりによって、こんな身内同士じゃなくても……」

魔界都市千葉にて、ドラフト最強を決めるこの大会。とはいえ、現在 LMC はこの千葉市民会館をはじめ、代々木・蘇我の 3 箇所で開催されているため、参加資格者は思いのほか多岐にわたっている。実際、トップ 8 も千葉外のプレイヤーが少なくない。

そんな中で生粋の千葉対決となったこのマッチ。

卓内最強と名高い赤単の原田のデッキに対して、比較的防御力の高いカードで構成された谷脇のデッキがどこまで対応できるか。

Game 1

谷脇 真郷
谷脇 真郷

先手谷脇の《冒険者の装具》からのゲームスタートだが、先に動き出したのは原田。2 ターン目に《高地の狂戦士》をキャストすると、続いて 3 ターン目に《溶鉄の荒廃者》をキャストする。

この《溶鉄の荒廃者》《取り消し》でカウンターすると、谷脇はさらに《マーフォークの海忍び》をキャストする。

ここで原田は《ゴブリンの廃墟飛ばし》をキッカー無しでキャスト。そして、2 体でアタックすると、ブロックした《マーフォークの海忍び》《噴出の稲妻》をキャストし、後々の禍根を断つ。

谷脇は、《天空のアジサシ》をキャストすると、これに《冒険者の装具》を装備させる。さらに《グール・ドラズの吸血鬼》を追加して、これで《ゴブリンの廃墟飛ばし》と相打ちを取る。

さらに《空の遺跡のドレイク》まで追加されてしまった原田だったが、これを《尖塔の連射》で排除し、攻勢をゆるめない。谷脇が《不気味な発見》《空の遺跡のドレイク》を回収している隙に、《タクタクの唸り屋》を追加して、ダメージを追加する。

そして、《ムラーサの紅蓮術士》 2 連打によって、ドンドン大きくなる《タクタクの唸り屋》への対処の術を谷脇は持たないのだった。

原田 1-0 谷脇


Game 2

原田 貴仁
原田 貴仁

先手の谷脇は 1 ターン目に《面晶体のカニ》をキャスト。

これが思いの外強力で、2 ターン続けての上陸で、原田のライブラリーを 6 枚削ると、《巨大蠍》を盤面に追加。ライブラリーアウト勝ちをにらんで、守りを固める。

これに対して、原田は《破滅的なミノタウルス》をキャストする。4 ターン目に土地をおけない谷脇。《天空のアジサシ》をクロックとして用意すると、さらに《吸血鬼の裂断者》をキャストする。

原田は《板金鎧の土百足》《溶鉄の荒廃者》とクロックを追加するのだが、谷脇の守りが微妙に堅い。《巨大蠍》を乗り越えられる《タクタクの唸り屋》を追加すると、《板金鎧の土百足》とあわせてアタック、ここは谷脇《タクタクの唸り屋》をブロックする。

守りの要であった《巨大蠍》を強引に突破されてしまった上に、土地が止まってしまい、展開もできず、ライブラリーアウト勝ちも遠くなってしまった谷脇。ここは《天空のアジサシ》でちびちびとクロックを刻んでいく。

谷脇 「くそ、自分のライブラリー削っておくべきだった」

未来は見えないので、その選択肢はさすがにないが、気持ちはよくわかる。

なんとか、5 枚目の土地を引き、《空の遺跡のドレイク》をキャストした谷脇だったが、そのタップアウトの隙に《尖塔の連射》が谷脇のライフを削りきったのだった。

原田 2-0 谷脇


千葉対決を制し、原田が準々決勝へとコマを進めた。

Tags: Report

編集