«準々決勝: 林 隆智(東京) vs 大塚 潤基(栃木) 最新 準々決勝: 高木 隆之(千葉) vs 十文字 諒(東京)»

LMC Draft Meister 2009


準々決勝: 門田 真一(千葉) vs 宇美 博一(千葉)

Written by Yusuke Isayama

昔はよく LMC で姿を見ていたのだが、ここ最近めっきり姿を見なくなった宇美。構築戦からは離れてリミテッドプレイヤーとしてマジックを楽しんでいるようである。

一方の門田は LMC では有名な「第二世代ヒール代表」である。彼のデッキのトップは常に強力であり、彼がリミテッドで開けるパックは常に凶悪である。今日もその異常な運の良さをみせ付けて欲しいものである。

Game 1

門田の《開拓地の先達》からゲームが動く。

宇美は《カルニの心臓の探検》から《砕土》で一気にマナ加速をしつつ《ニッサに選ばれし者》を場に出す。

2/3 が邪魔で殴れない門田、《無謀な識者》で解決策を探しに行く。

宇美の《ニッサに選ばれし者》が攻撃を開始し、《領地のベイロス》を戦線に追加する。何もしない門田を見ながら悠々と攻撃を開始する。甘んじて受けつつ、門田は《開拓地の先達》《領地のベイロス》を抑えつつ土地を調達する。

さらに宇美は、門田に絶望をもたらす《ニッサ・レヴェイン》を!!!

サーチで場に追加の《ニッサに選ばれし者》が現れ、《ニッサに選ばれし者》《ニッサ・レヴェイン》を守りつつ必殺技を狙う、所謂ニッサタイムが始まる。

ここにきて場にまともなクリーチャーがいない門田、普通ならここで心が折れるがそこはヒール代表。トップの強さを見せつける。

《土を踏み付けるもの》に続いて《硬鎧の群れ》をプレイ、さらに《大木口の幼生》とサイズで宇美を圧倒、見事場を捲ってみせる。

門田がフィーバータイムに入ったのを見て、宇美はデッキを片付けた。

門田 1-0 宇美


Game 2

再度宇美の先攻。

門田は 1 ターン目に《硬鎧の群れ》を出し、次のターンには《変わり樹の木立ち》で強化しつつ攻め始める。

宇美はブロッカーとして《変わり樹のバジリスク》をプレイ、これは《硬鎧の群れ》と相打ちとなる

門田は手札を整えに《無謀な識者》を展開し、宇美は《ニッサ・レヴェイン》から《ニッサに選ばれし者》をだし、またもニッサニッサし始める。

すぐにでも《ニッサ・レヴェイン》をつぶしたい門田、《放牧の林鹿》を出して打点を稼ぐ。

しかし、宇美のほうが展開量が上である。

《コーの地図作り》を場に出しつつ《ニッサ・レヴェイン》で 2 体目の《ニッサに選ばれし者》を場に出し、完全に門田の展開量を上回っている。

量で上を行かれている以上、質で勝負するしかない門田は《大木口の幼生》を場に出し、さらに《ベイロスの林壊し》と展開しつつブロッカーを立たせる。

と、ここまではよかったのだが、《天界のマントル》でブロッカーを減らしつつ《ニッサ・レヴェイン》を維持し続けるという持久戦に門田を引きずり込んだ宇美。

見事門田を弾切れに追いやり勝利を収めた。

門田 1-1 宇美


Game 3

門田は《開拓地の先達》《緑織りのドルイド》と展開し、宇美は《ニッサに選ばれし者》《変わり樹のバジリスク》と両者テンポよく展開していく。短期的に考えれば宇美が有利だが、《開拓地の先達》がいる分、長期戦になれば門田が有利になるだろう。

それを嫌がった宇美、《変わり樹のバジリスク》の能力でで《開拓地の先達》を処理しに行き、《巨森の蔦》を使うことで一方的に討ち取った上で《輝刃の探索》《リバー・ボア》《コーの奉納者》と連打していく。短期決戦に持ち込む腹づもりでいるらしい。

マナフラッドに陥っている門田、宇美の展開をただ見守っていただけだったがやっと《土を踏み付けるもの》を引き当て、さらに《野蛮な影法師》をこれに付けて一気に捲りに行く。

巨大クリーチャーを連打されて時間がなくなった宇美、全体で攻撃し通ったクリーチャーに《巨森の蔦》を打って決めにかかるが、門田の手札からこぼれた《無気力の罠》がこれを阻む。

宇美は自分のライフを得るべくブロッカーを出すが……《乱動への突入》でこれをどかした門田、見事逆転して魅せた。

門田 2-1 宇美

Tags: Report

編集