«準々決勝: 門田 真一(千葉) vs 宇美 博一(千葉) 最新 準決勝: 原田 貴仁(千葉) vs 十文字 諒(東京)»

LMC Draft Meister 2009


準々決勝: 高木 隆之(千葉) vs 十文字 諒(東京)

Written by Taiki Hattori

いよいよ LMC ドラフトマイスターも決勝ラウンドに突入。リミテッダーの祭典も終盤戦に突入した。

ゼンディカー発売して早一週間、マイスターのテクニックに酔いしれよう。

Game 1

ダイスロールの結果、十文字先攻。そして、誇らしげに後手を取る高木。両者マリガンなくゲームは開始された。

まずは先手の十文字。《恐血鬼》から《マキンディの盾の仲間》と展開し、アタッカーを確保しつつ防御を固め、序盤のボードを構築した。対する高木は《ゴーマゾア》をプレイ。

十文字 「《恐血鬼》対策だな、《ゴーマゾア》

《ゴーマゾア》にブロックされると《恐血鬼》はライブラリーに返ってしまうため、十文字のアタックは一旦停止。しかし、均衡を保っているこの間に、高木も何かできるというわけでもないようだ。

攻撃に転じられない十文字は、白い《陰謀団の先手ブレイズ》とも言われる《世界を鎮める者》を戦場へと送り込んだ。クリーチャーを選択すれば、土地を置けば場に戻る《恐血鬼》を生け贄にすることで、行く手を阻む《ゴーマゾア》を除去できる。十文字にとっては頼もしく、高木にとってはやっかいすぎるクリーチャーだ。

高木はノータイムで《未達への旅》《世界を鎮める者》を追放領域に。

ふたたび《ゴーマゾア》突破手段を失った十文字は《迷いし者の番人》《コーの空漁師》と、航空戦力を展開し、いよいよ攻撃を開始する。

大きくアクションをおこせないでいる高木は《ゴーマゾア》《迷いし者の番人》をライブラリーに戻したものの、残りの戦力に対しては何もできないでいる。十文字は《オンドゥの僧侶》《コーの空漁師》と、どんどんと戦力を増強していく。

なんとかターンを稼ごうと、高木は《心臓刺しの蚊》をキッカー込みでプレイするものの、《精霊への挑戦》で回避されてしまう。

十文字の戦力に、高木は余儀なく投了。

高木 0-1 十文字


Game 2

高木先攻、十文字マリガン。

ファーストアクションは十文字。《カザンドゥの刃の達人》《石造りのピューマ》と展開し、達人のサイズを膨らませる。

対する高木は《落とし穴の罠》《カザンドゥの刃の達人》を除去し、アタッカーにもなるタッパー、《マーフォークの海忍び》を繰り出す。

しかし、この能力は無制限に使用できるものではない。十文字は影響を受けない《コーの空漁師》《迷いし者の番人》と、航空戦力を展開。なんとか防ぎたい高木、《浅瀬の海蛇》も空は飛べない。

いよいよ十文字の元に《世界を鎮める者》が召還され、残り時間もあとわずか。

高木 「よし、まだあと一枚引ける」

この盤面をひっくり返せるようなカードは……まさか。

高木、慎重にドロー、ターンエンド。

高木 0-2 十文字


高木 「ラスが引ければ……」

と、デッキの中から《審判の日》を見せる高木。

十文字 「うお、こわっ」

十文字、マイスターまであと二歩。

Tags: Report

編集