«準決勝: 原田 貴仁(千葉) vs 十文字 諒(東京) 最新 決勝: 門田 真一(千葉) vs 十文字 諒(東京)»

LMC Draft Meister 2009


準決勝: 門田 真一(千葉) vs 林 隆智(東京)

Written by Taiki Hattori

『クエスト:相手を打ち負かせ』

この探検の難易度もいよいよ G 級に。熾烈なクエストの先にあるのは何なのか。

それは、勝者のみが知ることができるのだろう。

Game 1

門田先行、両者マリガンなし。

熾烈なクエストの幕が開ける。

門田は《開拓地の先達》《緑織りのドルイド》と展開。マナ差で優位に立ち、一気に大型クリーチャーを呼ぼうという算段だろう。そうはさせまいと、林は《乱動への突入》でドルイドをバウンス。

続く門田のターン、《緑織りのドルイド》プレイ、ターンエンド。門田の土地が止まってしまった。

マナ差がつかないうちにゲームを決めたい林。《生きている津波》をプレイ。空からの攻撃と、既に戦場にある《ピラニアの湿地》で、門田のライフをじわじわと奪っていく算段だ。

林は門田に難問を突きつける。

『クエスト:《生きている津波》《ピラニアの湿地》から身を守れ』

この問いに対する門田の答えは《放牧の林鹿》。土地は引けずとも《緑織りのドルイド》《開拓地の先達》がいる。

今度は門田が林に問題を出す番だ。

『クエスト:毎ターンライフを得る相手の防御を突破せよ』

これでは物足りないだろう、と、門田はクエスト難易度を引き上げる。《ベイロスの林壊し》《捕食者の衝動》をエンチャント。

門田は林に無理難題を突きつけた。

『クエスト:8/8 の《タールルームの勇士ターンガース》を攻略し、毎ターンライフを得る相手の防御を突破せよ』

林、クエスト失敗。

門田 1-0 林


Game 2

林の先手、両者マリガンなしのスタート。

『クエスト:相手のライフを 0 にしろ』

林は 1 ターン目《吸血鬼の裂断者》からのロケットスタート。クエスト攻略法は速攻だ。《石造りのピューマ》《風乗りの長魚》《ニマーナの売剣》と、攻め手を増やし、一気に押し込む用意を整える。

対する門田のファーストアクションは《緑織りのドルイド》。クエスト攻略法はマナ基盤だ。マナジャンプから《ベイロスの林壊し》《開拓地の先達》のコンボで相手を踏み潰す準備は万端だ。

林は《飛翔する海崖》の恩恵を受け、空からの攻撃で門田のライフを 6 まで削り込む。ノーガード状態でベイロスの 8 点を受けることになるが、先に攻撃できるのは林。土地を置き《風乗りの長魚》が宙を舞う。このまま一気にクエスト達成へ!!

しかし、探検には罠がつき物。

《鞭打ちの罠》が林のアタッカーを主の元へと送り返す。

そして、罠の後には怪物がつき物。

林の目の前には、12/12 の《ベイロスの林壊し》

門田、クエスト成功。

門田 2-0 林


林の《生きている津波》《ピラニアの湿地》

門田の《開拓地の先達》と上陸持ちクリーチャー。

ゼンディカーの世界は土地が鍵のようだ。

門田、マイスターまであと一歩。

Tags: Report

編集