«準決勝: 門田 真一(千葉) vs 林 隆智(東京) 最新 一日のドラフトを振り返って»

LMC Draft Meister 2009


決勝: 門田 真一(千葉) vs 十文字 諒(東京)

Written by Yusuke Isayama

あれよあれよと言う間に決勝まで上ってきた門田。ゲーム序盤は押されているはずなのに終盤になるとトランプル持ちで一気に踏みつぶす、まさに「青緑ビッグマナ」そのものである。

門田のデッキがビッグマナなら、十文字のデッキは白黒同盟者ウイニーになるだろうか。序盤からダメージを稼ぎ、サイズで負けそうになれば同盟者の強化能力を《コーの空漁師》で手札に戻すことで何度も美味しい思いをしようというデッキだ。

ちょっと話はそれる小話を。

十文字はドラフトマイスターの権利はあっさりと手に入れたようなのだが、LMC Championships の出場権を未だ手に入れてないようで

十文字 「あと 3 回の LMC で何とか手に入れたい、なんとしても!」

と、非常に強い思いを胸に秘めているようだ。

だが現実は無情、ドラフトマイスターの決勝卓には座れても LMC Top 8 の席には座れてない現状であるので、ここで優勝して LMC Championships への加速としたい十文字なのである。

Game 1

門田の何度目かになる 2 ターン目《開拓地の先達》からのスタート。続いて《タジュールの射手》を展開する。

十文字も《コーの装具役》から《マキンディの盾の仲間》をプレイ、サイズを 1 回り上昇させ《バーラ・ゲドの盗賊》で門田の手札から《無謀な識者》をたたき落とす。まるで構築戦のような流れる動きだ。

しばらく耐えることに専念していた門田、6 マナに到達したことで《ベイロスの林壊し》を場に送り出す。やたらでかいクリーチャーを目の前にした十文字、軽快に繰り返していた攻撃が止まる。

それを見た門田、《開拓地の先達》で土地をのばすとともにデッキを圧縮するまったりモードに入り、さらに《ゼンディカーの彼方導き》を展開。ゆっくりと十文字にプレッシャーをかけていく。

何もできない、あるいは敢えて何もしない十文字に伺いを立てるべく門田は《組み合い鉤》《ゼンディカーの彼方導き》に装備させて攻撃。十文字は《精霊への挑戦》でこれを討ち取る。

無理に攻めようとしない門田、《無謀な識者》を出してまったりモードを継続。

この状態が続くと一気に不利に回る十文字、《コーの空漁師》《バーラ・ゲドの盗賊》を回収してすぐにプレイ、門田の手札にある《タジュールの射手》を墓地に送り込む。このとき十文字は門田の手札に《沸騰する小湖》を発見する。

手札がばれた門田、《沸騰する小湖》をプレイして《ベイロスの林壊し》《組み合い鉤》を装備、そのまま十文字目がけて突進させる。

何を思ったか十文字はこれをスルー。

もちろん門田は《沸騰する小湖》を起動し、2 回目の上陸を達成。

《ベイロスの林壊し》強力パンチにより、一瞬にして十文字のライフは 0 となった。

何があった、十文字……。

門田 1-0 十文字


Game 2

十文字は《カザンドゥの刃の達人》《マキンディの盾の仲間》で強化しつつ門田を責めるロケットスタート。さらに《バーラ・ゲドの盗賊》で門田の行動を著しく制限する。

が、門田もサンドバックになっているわけではない。

《土を踏み付けるもの》をプレイし、続けざまに《無謀な識者》《開拓地の先達》とプレイしてみせる。

地上で攻められない十文字、《コーの空漁師》で上から攻めようと画策するが、門田の《タジュールの射手》連打によりこれが討ち取られると攻め手を失う。

こうなってくると門田の《無謀な識者》が火を噴く。基本地形だった手札が《ベイロスの林壊し》へルータリングしていく。

この《ベイロスの林壊し》を見た十文字、小考の後 2 枚目となる《コーの空漁師》を追加、上から殴りきるプランを立てる。

帰ってきたターン、門田は《土を踏み付けるもの》《ベイロスの林壊し》で攻撃し、十文字にブロックの是非を問う。Game 1 で即死していること、クリーチャーのサイズが大きいことを考えると、容易に結論を出すことができないため非常に難しい問題となる。

しばらく考えた後十文字は複数ブロックでこれを排除にしかかり、門田は《開拓地の先達》で土地を置いて上陸を起動。

ここにレスポンスで十文字が《落とし穴の罠》を唱え《ベイロスの林壊し》を排除した上、このターンの門田の行動を制限する。

《ベイロスの林壊し》を除去した十文字、《石造りのピューマ》をプレイして《カザンドゥの刃の達人》《マキンディの盾の仲間》をサイズアップするとともに《コーの空漁師》でプラン通りの行動をとる。

上で攻める十文字に対し真っ直ぐ殴り合う門田、《土を踏み付けるもの》で攻撃を仕掛ける。

十文字はこれをまたも複数ブロックで乗り切ろうとするが、今回はキッカー込みの《乱動への突入》で門田目論見を崩される。さらにキッカーで引き込んだ 2 枚目の《ベイロスの林壊し》が登場する。

両者攻め合いが続き、ライフがデッドゾーンに突入。

先にリーチをかけたのは十文字、《コーの空漁師》が止まらない門田の首に縄をかける。門田もトランプル持ちが 2 体いる計算なので、《巨森の蔦》のように一気にサイズを大きくすることのできるスペルがあれば勝てる。

そんな状況で門田が引いてきたのは、Game 1 で勝利を呼び込んだ《沸騰する小湖》

これで上陸が 2 回誘発したことで《ベイロスの林壊し》が 8/8 となり、十文字の防衛網を突破、またしても十文字のライフを削りきったのだった。

門田 2-0 十文字


初代 LMC ドラフトマイスターは門田 真一!

Tags: Report

編集